Welcome!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

アーカイブ

カテゴリ

Link

古いブログへのリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--------(--) --:--| スポンサー広告| トラックバック(-)| コメント(-)

薬疹

内科で処方された薬を飲んで、「薬疹」になりました。

「薬疹」・・・
薬剤によって引き起こされる皮膚の症状のことです。

私の場合は、全身に発疹が出て蕁麻疹のようなかゆみに襲われました。
最初は薬の副作用だとは思わなかったので、すぐに薬の使用をやめませんでした。
それがいけなかった・・・症状はどんどんひどくなってきたのです。
副作用が出始めてから5日目くらいに病院に電話して相談し、
その日に診察してもらうことになりました。

内科の先生は「薬疹」だろうということで、皮膚科に連絡してくれて
皮膚科の先生の診察を受けました。
たぶん普通ならステロイド薬の内服で治療するのでしょうが
私の場合いろいろ事情があって、それは避けたかったので
塗り薬だけ処方してもらい、週明け(この日が木曜だったので)に再診することになりました。

ただ・・・内科の先生から恐ろしい言葉が!
「今度来るときに今より症状が悪くなってたら、入院準備してきてね。」って。
えっ!? 入院!?
先生、何言ってるの? って感じだったのですが、
実は「薬疹」といってもいろいろなタイプがあるそうで
重症型とされる「スティーブンス・ジョンソン症候群」や「中毒性表皮壊死融解症」などは
失明など眼に後遺症を残すことがあったり、最悪生命に危険を及ぼす場合があるそうです。
なので、その場合は即入院治療が必要なんだとか。

そんなぁ~!? 私が入院!?
と不安でいっぱいになって、その日は帰宅。
副作用の原因である薬を中止し、水を多めに飲んで薬の成分を早く体外に出すようにし
処方された塗り薬を塗ることで、幸いにも症状は悪化することなく治まり始めました。

週明けの再診が昨日だったのですが、
皮膚科の先生から「もう大丈夫でしょう」と言っていただきました。
まだ発疹の跡は残っていますが、かゆみはなくなり、体が軽くなった感じがします。

持っては行かなかったけど、家に準備しておいた入院セット・・・
使わなくて済んで、本当によかったです。


どんな薬にも副作用あって、「薬疹」は誰にでも起こり得る薬の副作用。
市販の風邪薬や鎮痛剤、サプリなんかでも起こることがあるそうなので
やっぱり薬にはリスクが伴うんだなぁとあらためて思いました。

私は、前に慢性蕁麻疹になっているし、花粉症やアレルギー性鼻炎もある
立派な(?)アレルギー体質なので、人一倍気を付けた方がいいのかもしれません。


今回、いろいろ勉強しました。
そして思ったこと・・・健康が一番!




*********************************************
 『 デザインフェスタ vol.39

   2014年5月17日(土) ・ 18日(日)
   11:00 ~ 19:00
   東京ビッグサイト 西ホール全館

   ブースNo. K-1 (4階)  『 ぽんくま屋 』で 両日 参加します。
*********************************************



2014-04-15(Tue) 11:09| 日々の出来事| トラックバック(-)| コメント(-)

プロフィール

ぽんこ

Author : ぽんこ


『PONKUMA』のブランド名で
テディベア,あみぐるみ,布小物
などを作っています。

イベントには 『PONKUMA』
または 『ぽんくま屋』 で
出展しています。

ブログ内検索

日めくりカレンダー

グリムス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。